なぜ江坂で開業したのか…

2010/06/04 コラム by admin

矯正治療は保定観察まで入れると約5年、成長期の患者さんで症状によっては10年以上という長いお付き合いになります。最初は手取り足取り学びながら大学病院で、さらに他院で矯正担当医として臨床を重ねていくうちに、自分の診療スタイルというものが確立されてきます。組織に属している限りは、そちらの方針や理念に合わせる必要もありますので、自分の思い通りに、ということになると、やはり自分の城?を持つ開業が一番だと感じてきます。

私たち夫婦は長年子供に恵まれなかったため、開業ということを少し漠然と考えていた部分がありました。2人だけの生活設計を感じ始めていたところ、突然、天の恵みで長男を授かりました。保育園に通わせたり、町内会での会合など、近隣の人々と接する機会が増えていくうちに、結婚以来住んでいる吹田市、とくに生活圏内の江坂周辺を地元として強く認識するようになりました。この子が育っていくこの町で、天職として目指した矯正歯科で、地域に貢献できないだろうか?という思いから、江坂での開業となったわけです。


タグ: 

コメントを行う


吹田市江坂 矯正歯科 長屋矯正歯科医院